CompileDaemon を使ってオートリロード

auto-reload は色々あるのですが、たまたま見つけた、CompileDaemon を使ってみました。

上から5番目(2017年01月13日時点)ということで、まぁまぁいいんではないでしょうか。

% go get github.com/githubnemo/CompileDaemon
% go install github.com/githubnemo/CompileDaemon

で、インストールすると、CompileDaemon というプログラムが出来上がります。

オートリロードさせたいプログラムがある場所へ移動して、以下のように使います。

% CompileDaemon -command="./app_name" -include="*.go"

“./app_name” のところは、build したときに出来上がるファイル名を指定します。

“-include=” を指定することで、*.go 以外のファイルが更新されても無視します。

なかなか簡単に使えて良い感じです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です