[AWS Summit Tokyo 2017 Day3] ECSでコンテナ化と Terraform でインフラコード化した話

「株式会社インテリジェンス」 さんでのオンプレからAWSの導入事例のセッションの中で、
コンテナ化や infrastructure as code の話が出てきて面白かったので記します。
弊社もこの辺の整備は挑戦していきたい。

課題

  • 2016年4月以前

    • レガシーインフラ!
    • グループ共通のオンプレ基盤
    • 子会社に随時スケール依頼/調査依頼投げる
    • スケールしない
    • 秘伝のタレ
    • ブラックボックス
    • 積み上がることで新しいサービスを始められるスピードが逆に下がっていく
  • 移行作業

    • DevOpsチーム4名
    • ぽんぽん依頼投げられて集中できない
    • エンジニアだけでなく会社としての協力
    • 移行デーを週に2日設けてそれに集中する
    • 2016年11月に移行開始 => 2017年4月完了

アーキテクチャ

  • ALB , ECSによるnginxコンテナ , マカレル、等々。

Terraformによるプロビジョニングを導入

  • 古参メンバーの秘伝のタレをterafform化。
  • infrastructure as code.
  • terraformを導入して困ったところは一部あった
    • dry run と実際のプロビジョニングとの結果が違うことがあった
    • 当時はアップデートが頻繁だった

ALB & コンテナ

  • ALBとECSとの親和性が良い
  • nginxコンテナ
  • なせコンテナにしたか?
    • 依存関係が明確に分離。
    • 開発と本番の環境が一致する。
    • スケールするのが簡単
  • blue green developmentがすごい
    • 3つのコマンドで完了
    • ALBにつながっているバージョン1のコンテナが徐々に減らされていって、バージョン2のコンテナが徐々にぶら下がっていく
    • 戻すときも同じ作業なので簡単

Aurora

  • はじめは MySQL on RDS にしようとしていたが、性能と監査ログの機能からAuroraに決めた
  • 移行にかんしてはAWSのサポートにどんどん聞く

監視

  • プロセス監視 => mackerel
  • ログ監視 => fluentd
  • アラートをSlackに飛ばす

NFS

S3 + goofys に移行した
* とてもいいことがあったわけでもないのでEFS早くきてほしい

小さく素早く始める

  • とにかく素早くstagng構築
  • 2段階で移行
    • 旧環境と新環境で並列稼働させる

移行して良かったか?

YES

  • ブラックボックスが全てプロビジョニングコードに落とし込まれた
  • ハンドリングが可能
  • 全てが透明
  • 市場変化に楽しく対応できるようになる
Pocket

Naoto

Wanoで色々やらしてもらってまう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です